2015年8月 7日

遺言状はどんなときに必要なのか

GUM05_CL11005.pngまず、なぜ遺言状が必要かと言いますと、相続を巡る親族間のトラブルを無くすためです。
相続は何かとトラブルに発展しがちで、それも深刻になることが多くなっているのです。
サスペンスドラマなんかで相続を巡って親族間の激しいトラブルから、なんて作品が多いですが、何かとトラブルを引き寄せがちなのです。
遺言状はそうしたトラブルを制御するためのようなものなのです。

遺言状は皆様が亡くなった後には書けません。何を当たり前なと思われるかもしれませんが、「まだ大丈夫」なんて遺言状をかかないひとがたくさんいます。
そういった方々が亡くなった後は、トラブルが待ち構えているのです。

遺言状があっても相続をめぐってはトラブルになりがちですが、遺言状があることである程度秩序を保った争いにすることが可能です。
また、遺言状があることで亡くなった方の遺志を尊重しようとトラブルを防ぐことだって可能なのです。

そのため、「まだ大丈夫」と思うのではなく、ある程度年齢を重ねた時点で少しずつ遺言状のことも考えてみてください。
遺言状を書くなど縁起が悪いと嫌う方もいらっしゃいますが、それは現実から目を背けているといえます。
死は誰にでも訪れるのですから、その死に真正面から立ち向かい遺言状を残すというのは縁起が悪い行為ではなく、潔く前進する行為といえるでしょう。

どんな時に必要かというと皆様が亡くなった後に必要になるのですが、皆様が自分の身辺を整理するという意味でも遺言状は必要になってきます。
どうか前向きな気持ちで遺言状に取り組んでみてください。

管理人のおすすめ情報
男性の脱毛サロンを徹底比較!⇒脱毛メンズ※お勧め脱毛サロンランキング